【『3』が生み出すチカラ】

『3』

『3』という数字が好きです。

『3』は世に起こることをシンプルにわかりやすくしてくれる「チカラ」を持っていると思うからです。

 

例えば、

 

『基準』

 

・上、中、下

・1位、2位、3位

・信号の青、赤、黄

 

 

『まとまり』

 

・3部作

・音の3大要素

・中学3年間、高校3年間

 

 

『成立』

 

・三角形

・ドラム(ハイハット、スネア、バスドラ3点セット)

・光の3原色

 

 

などです。

このように『3』はあらゆるところで軸になっています。

 

実は、効果音に対する考え方も『3』を使えば解決法になることが多々あります。

効果音の悩み解決に使える『3』のチカラ

例えばこのような効果音の悩みは『3』を使うことで解決できることが多いです。

 

  • 効果音に迫力がない
  • いろいろ設定をいじっても新鮮な効果音を作れない 
  • 効果音を連続で鳴らすと「機械的」になる

 

では『3』を使った解決方法をそれぞれみてみましょう。

 

 

 

■効果音に迫力がない

 

EQで低域を上げても余韻を伸ばしても何か迫力が足りない・・。

この場合は、一つの効果音でなんとかしようとしているときに起こりやすいです。

 

そんなときには、『3』つ音を重ねてみましょう。

例えば打撃音を作る際に、ホワイトノイズだけで作ろうとせず、スネアドラムとバスドラムの音も混ぜてみましょう。

より打撃感が増し迫力が出ます。

 

 

 

■いろいろ設定をいじっても新鮮な効果音がつくれない

 

ピッチを変えたりエフェクトをかけたり色々ためしたけど新しい音が作れない・・。どこかで聴いた音になる・・。

この場合も一つのエフェクトや設定だけを試しているときに起こりやすいです。

 

そんなときは、『3』回エフェクトをかけてみましょう。

エフェクトを一回かけただけで得られないなら、3段同じエフェクトを重ねてかけます。

すると思いがけない「効果」が得られて聞いたことのない面白い音が得やすいです。

 

 

 

■効果音を連続で鳴らすと機械的になってしまう

 

特に足音の効果音などは顕著にこの現象がみられます。

 

そんなときは、『3』種類の音を用意しましょう。

「タッタッタッタッ」よりは「タットットゥッツッ」のほうがより自然な足音になります。

このニュアンス違いはほんの少しの違いでも十分です。

ピッチを少し高くしたもの、低くしたものを用意するだけで「機械的」な印象は和らぎます。

 

 

このように、『3』は効果音を作る際にも役立つ考え方です。

皆さんも何か困ったときには『3』を軸にして考えると解決に繋がるかもしれませんのでためしてみてくださいね!

■OGAWA SOUNDは効果音の重要性をたくさんの人に知っていただきたいと思っております。

 もし記事がお役に立てたのであればたくさんの人にシェアしてもらえると嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

■よければ感想やコメントをくださいね!また、こんな効果音の作り方が知りたい!といった内容でも大歓迎です!

(フォームの仕様でお名前が必須になってますが「名無し」「テスト」などでも構いません(笑)ご気軽にどうぞ!)

「いいね!」して頂くと、フェイスブックでも効果音情報が届くようになります。

フォローしていただくとツイッターでも効果音情報がタイムラインに流れるようになります。


チャンネル登録していただくと効果音に関するTIPSや新作効果音情報などをお知らせいたします。