【シュッ!空振り音の重要性】

格闘ゲームやアクションゲームにおいて最も重要視される音は、

攻撃が敵に当たったときのヒット音ですが、それとともに重要な音が「空振り音」です。

 

空振り音には、二つの役割があります。

 

  1. ユーザーへ、「操作を入力した」という情報を音で感じてもらう役割。
  2. 個性を表す、演出としての役割。

■「空振りという入力情報」

空振り音は、ジャンプ音などと同じくユーザーへ入力情報を伝える要素です。

きちんと伝えることが出来たならば、ユーザーは入力のレスポンスを心地よく感じ、

例え当たらなくても操作が楽しく感じます

 

もし必要以上に空振り音の音量が小さかったり、

聞こえにくい音質のものだと「入力したことが伝わりにくく」、

ボタン入力による操作感はかなり変わってきます。

特に、アクションが「軽く」感じやすくなります。

■「演出としての空振り音」

例えば、

「武器個性」を演出するために武器ごとに違う空振り音をつけたりすることがありますが、

これは演出表現としての側面です。

 

ユーザーも、武器ごとに違う音が鳴ると何の武器を使用しているかわかるし、

バリエーションを感じて楽しくなりますよね。

また、アクションの強弱にあわせて表現することもメリハリが付いてよいです。

 

もし武器の種類が10種類もあるのに、全て同じ空振り音だったら個性を感じることは

難しいはずです。

■空振り音を見直しましょう

このように、たかが空振り音といえどゲームに与える影響はかなり大きくなりますので

もし空振り音にあまり意識がなかったのであれば、

意識することでアクション表現がさらに高まり、ユーザーへ楽しさが伝わりやすくなりますよ!

アクションゲームや格闘ゲームを作られる方は、是非作品作りのご参考にしてくださいね!

■OGAWA SOUNDでは多くの方に効果音の重要性を知っていただきたいと思っています。

 記事がお役に立てたならば是非下のSNSボタンも押して、お友達に教えてあげてくださいね!


■コメント付きでシェアしていただける場合はこちら

「いいね!」して頂くと、フェイスブックでも効果音情報が届くようになります。

フォローしていただくとツイッターでも効果音情報がタイムラインに流れるようになります。


チャンネル登録していただくと効果音に関するTIPSや新作効果音情報などをお知らせいたします。