一音一答!!コレ何の音?~剣を抜く~

まずは、こちらの音をお聞きください。

何の音に聞こえたでしょうか?

そうです、タイトルに書いてしまってますが、

ムービーシーンで使われるような「大きくて長い、長剣を抜く」音を想定して作っております。

この音をどのようにして作ったのか、お話したいと思います。

 

効果音を作る際は、シンセサイザーで作る、効果音ライブラリーを加工する、

録音する、などの方法がありますが、今回は生録音したものを加工して

作っています。

実際の剣は残念ながら持っていないので、身近な素材を使ったのですが

どんな素材を録音したかお分かりでしょうか?

答えはコレです!

 


「鍋」と「ドライバー」です(笑)

いろいろ探したり試したのですが、この鍋が他の鍋と違って余韻が残る上に、

ちょっと重たい摩擦音が出たのですぐに購入しました(笑)

ドライバーのほかに園芸用のクワも買ったのですが、やはりこのドライバーと

この鍋の組み合わせが一番雰囲気出てました。

リサイクルショップでしきりに擦っていたので、おそらく周りからは危ない人に

見られたかもしれません(笑)

 

この二つを剣を抜くように、ゆっくり擦らせて一気に滑らせました。

これがそのときの元音です。

もちろんこのままでは、ノイズも入っていますし迫力が足りないので

ノイズ除去を施した後、いろんな加工、調整を加えて

一番最初のような音にしています。

 

いかがだったでしょうか?

このように身近なものを利用して音を作るのは楽しいものです。

生録音のメリットは、ある意味、楽器を演奏するような感覚で行うので

尺の調整や音の表情がつけやすいことだと思います。

また、実際には鳴るはずのない音(人を斬るなど)は、

実はまったく想像できないものであることが多く、まさに「効果的」な音と言えるでしょう。

 

次回は、また違う音をご紹介しますので、楽しみにしていてくださいね!

 

⇒他の音作りも見る!

 

 

 


「いいね!」して頂くと、フェイスブックでも効果音情報が届くようになります。

フォローしていただくとツイッターでも効果音情報がタイムラインに流れるようになります。


チャンネル登録していただくと効果音に関するTIPSや新作効果音情報などをお知らせいたします。